酒井敏也映画初主演で柳沢きみおのコミック「市民ポリス69」を映画化 - 2011年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「特命係長 只野仁」などで知られる柳沢きみおのコミック「市民ポリス69」が映画化。酒井敏也が映画初主演に挑戦する。

物語は、東京都が軽犯罪を取り締まるため、一般市民による犯罪検察組織「市民ポリス」を組織するという設定。

酒井演じる気弱なサラリーマン・芳一は、ある日、69人目の市民ポリスに任命される。最初は任務を恐れ逃げ回ってばかりだったが、立ち寄ったコンビニで働く美少女・桃と出会い……。

同作では、人生に波風を立てることを避け、当たり障りのない毎日を送る男が、小さな権力を手にしたことで、忘れていたはずの“怒り”や“男の欲望”に目覚め、やがて些細な犯罪に手を染めたことをきっかけに、大事件へと巻き込まれていく様子が描かれる。

監督は「GSワンダーランド」の本田隆一。脚本を手掛けたのはブルースカイ。

ヒロイン・桃を、アイドルグループ「ももいろクローバー」の早見あかりが演じるほか、AV女優の原紗央莉や、津田寛治、錦野旦などバラエティーに富んだキャストがそろう。

公開は3月19日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショーにて。その後も、順次全国公開予定となっている。 

インフォメーション

映画「市民ポリス69」

【スタッフ】原作=柳沢きみお「市民ポリス69」(ぶんか社刊) 監督=本田隆一 脚本=ブルースカイ
【キャスト】酒井敏也/早見あかり(ももいろクローバー)/原紗央莉/津田寛治/錦野旦(特別出演)/桐生コウジ 

3月19日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー公開。順次全国公開予定。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2865