第14回鶴屋南北戯曲賞に、前川知大の『プランクトンの踊り場』 - 2011年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

財団法人光文文化財団が主催する第14回鶴屋南北戯曲賞が発表され、受賞作品は、前川知大の『プランクトンの踊り場』に決定した。

同作は、前川が主宰する劇団「イキウメ」が昨年5月に上演。“思い込みがかたちになる記憶の踊り場”で、誰かの思い込みから生まれた、人のドッペルゲンガー(分身)にまつわる物語が繰り広げられる。

同賞は、その年に上演された、日本語で書かれた新作戯曲の中から優れた作品に贈られるもの。贈呈式は3月17日(木)に東京会館で行われ、正賞のブロンズ像と副賞200万円が贈られる。

過去の関連記事

» 2010/1/21「第13回鶴屋南北戯曲賞に、小幡欣治の『神戸北ホテル』」

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2896