京都会館の再整備について市がパブリックコメントを募集 - 2011年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

京都市は24日、文化施設「京都会館」の再整備についての方針を明らかにし、これについて市民からの、パブリックコメントを募集している。

同施設は、建築家・前川国男による設計で1960年に完成。開館から50年が経過し、現行の耐震基準やバリアフリー基準などに適合しておらず、また、施設全体に老朽化と舞台空間が狭さから、近年の施設利用者や来場者のニーズに応えきれていない状況にあるという。

計画では、メインとなる「第1ホール」を、世界的に著名なオペラやバレエ公演や、大規模な音楽コンサートなどの開催が可能な舞台とするほか、「第2ホール」の客席、舞台機構の改善を行う。また、公園など周囲の地域施設とも連続した作りにするとしており、改修費用は80億〜90億円の試算。

市は基本計画を2010年度中に策定し、11年度以降に設計を進め、早期のリニューアルオープンを目指すという。

意見の募集は2月24日(木)まで。詳細は公式サイトを参照。 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2920