『ヤン・リーピンの「クラナゾ」〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 2011年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ヤン・リーピンの「クラナゾ」』 画像

拡大する

08・10年の来日公演を大成功させた、中国を代表する舞踊家ヤン・リーピン。彼女が、チベット文化の神秘に迫った新作『クラナゾ』を引っさげ、今年4月に三度目の来日公演を行う。それに先駆け急遽来日し、会見を行った。

本国以外では初の海外公演となる『クラナゾ』。タップダンスや弦子舞、ヤク舞、鍋庄舞などといった踊りや、竜頭琴、骨ホルンなどチベット独自の楽器を用いた、チベット族の日常生活や宗教儀式、祭典を表現した作品だ。颯爽と会場に姿を現した彼女は、終始穏やかな表情で、作品について真摯に語った。

「前回公演『シャングリラ』では雲南省の少数民族が出演しましたが、今回の『クラナゾ』は、比較的広い5地域のチベット農民たちを集めた作品です。劇中に登場するさまざまな踊りは、それぞれの民族の踊りなんですよ。
3年という歳月をかけて聖地ラサを目指す一人の老婆の物語ですが、実は、私が実際に出会ったおばあさんがモデルになっています。チベット族はとても信仰心が厚くて、例え経済的には豊かであっても、精神の満足を求めて巡礼を行う。そういったチベット族の文化の謎を紹介する作品なんです。
もともとは非常に上演時間の長い作品ですが、来日公演では一番いいシーンをお見せできるように再構成した凝縮版になります。ご期待ください」 

この記事の写真

  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像01
  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像02
  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像04
  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像05
  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像06
  • 『ヤン・リーピンの「クラナゾ」 〜蔵謎=チベットの謎〜』製作発表会 - 画像07

インフォメーション

『ヤン・リーピンの「クラナゾ」〜蔵謎=チベットの謎〜』

【スタッフ】芸術監督・構成=ヤン・リーピン
【キャスト】ヤン・リーピン/四川省民族歌舞団

2011年4月5日(火)〜10(日)
・会場=Bunkamura オーチャードホール
・チケット発売中
・料金=全席指定S席11.500円/A席8,500円/B席5,500円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3477-3244

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2930