演劇集団キャラメルボックス 今年のハーフタイムシアターは「思い出」をキーワードに旧作と新作の2本立て - 2011年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

演劇集団キャラメルボックスの今年の「ハーフタイムシアター」の公演情報が発表された。

今回の上演作品は、『水平線の歩き方』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』。

『水平線〜』は3年ぶりの再演。主人公・幸一は、小学6年の時に母親を病気で亡くしていた。しかし、ある夜、アサミと名乗る母親らしき女性が幸一のアパートに現れ……。35歳の男を主人公にした、母と息子の物語を、初演と変わらず岡田達也と岡田さつきのコンビで送る。

成井豊の新作『ヒア・カムズ〜』は、30歳の男と50歳の男の友情の物語。出版社の編集者・真也は、幼いころから、品物や場所に残された、人間の記憶が見えるという力を持っていた。彼はある日、ハリウッドで映画の仕事をしているという同僚の父親に会うが、真也の目にはまったく違う景色が見えた……。

成井豊は「2つの作品に共通するのは、“思い出”。弱った心の逃げ場じゃなくて、明日に立ち向かうためのエネルギー源としての“思い出”。そんな素敵な思い出を2つ、お目にかけようと思います」とコメントを寄せている。 

インフォメーション

キャラメルボックス2011
ハーフタイムシアター
『水平線の歩き方』『ヒア・カムズ・ザ・サン』

【スタッフ】脚本・演出=成井豊
【キャスト】『水平線〜』岡田達也/岡田さつき/前田綾/左東広之/小多田直樹/井上麻美子/鍛治本大樹/原田樹里
『ヒア・カムズ〜』阿部丈二/西川浩幸/大森美紀子/岡内美喜子/三浦剛/渡邊安理/多田直人/小林千恵

大阪公演
5月19日(木)〜22日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・チケット一般前売=3月20日(日)開始

東京公演
6月2日(木)〜19日(日)
・会場=サンシャイン劇場
・チケット一般前売=4月3日(日)開始

各公演とも
・料金=全席指定 2作品券8,000円/1作品券4,000円
・お問い合わせ=劇団 TEL.03-5342-0220(12:00〜18:00 日祝休み/東京公演中は16:00まで 日祝休演日休み)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2947