竹中直人×生瀬勝久の新ユニットが誕生 - 2011年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
竹中直人(左)と生瀬勝久

拡大する

▲ 竹中直人(左)と生瀬勝久

舞台や映画、テレビドラマなど、さまざまな作品で活躍する個性派俳優の竹中直人と生瀬勝久。この2人が新たなユニットを立ち上げ舞台で“激突”する。

竹中は、映画監督として作品を発表するほか、「竹中直人の会」や「竹中直人の匙かげん」といった新作舞台の上演企画を続け、対する、生瀬は、明石家さんまとの共同企画では脚本を、『橋を渡ったら泣け』『楽屋』などでは演出も務めるなど、俳優としてだけでなく多才な活躍を見せている2人。さらに、今回の企画に作・演出で参加するのは、ペンギンプルペイルパイルズの倉持裕だ。

公演タイトルは『ヴィラ・グランデ 青山』(仮題)。舞台は、20年前に建てられた瀟洒なマンションの中庭。そこで言葉少なに語り合う2人の中年男。やがて、1人が打ち明ける。「こないださ…… 娘の元カレに殺されかけたんだ」 倉持のシニカルな作風が生かされた作品となりそうだ。

11月に東京・シアタークリエ、12月に大阪・サンケイホール ブリーゼのほか、地方公演を予定。

以下は、公演に向けての竹中と生瀬のコメント

【2人の出会いと、今回の企画に至った経緯について】
竹中
僕の監督した「山形スクリーム」という映画に、どうしてもと生瀬君に出演していただいたのが一番強く印象に残っている出会いです。もう俺は、しばらく舞台はやりたくないな。うん、しばらく、いや今後も舞台はやらないって、心に決めていた矢先に、生瀬君に「一緒に舞台やりませんか?」と、誘われて。今まで人から舞台に誘われたことが一度もなかったので、素直にうれしく。え?俺と?って感じで「はい……」と言ってしまったのです。
生瀬
竹中監督の「山形スクリーム」のスタジオ撮影の時だったと思います。「一度、舞台ご一緒させてください」とお願いしました。

【作品の企画意図、どんな作品にしたいか】
竹中
笑えてでも哀しみがあるお芝居になったらよいな……。
生瀬
おそらく出演者の少ない作品だと思うので、人間の会話の妙を堪能していただける作品にしたいと思います。

【お互いの印象と期待を寄せる点について】
竹中
変な顔の人…… でも意外に紳士。ま、芝居が終わっても友達でいられたらよいな。また、映画につながれたら……って
生瀬
センシティブな方だと……。力技をぜひとも……。

【ほかの共演者やカンパニー、脚本の倉持について】
竹中
倉持さんは、倉を持ってる演出家であり作家なので、舞台はやりたくないのにやりたい人でした。めちゃ楽しみ! 理想のキャスティングになれてうれしい!
生瀬
皆でコンセンサスを取り、同じ方向に向かいたいなと……。

【この公演に向けての意気込み】
竹中
いっしょうけんめい がむばります☆
生瀬
失敗を恐れず、竹中さんにぶつかっていきたいと思います。

この記事の写真

  • 竹中直人・生瀬勝久
  • 『ヴィラ・グランデ 青山』チラシ

インフォメーション

『ヴィラ・グランデ 青山』(仮題)

【スタッフ】作・演出=倉持裕
【キャスト】竹中直人/生瀬勝久 ほか

2011年11月11日(金)〜27日(日)予定
・会場=シアタークリエ
・チケット一般発売=9月3日(土)予定
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3591-2400(11:00〜19:30)

2011年12月1日(木)〜4日(日)予定
・会場=サンケイホール ブリーゼ

ほか、地方公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2950