NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でデザイナー・石岡瑛子に密着 ミュージカル『スパイダーマン』の舞台裏を追う - 2011年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「プロフェッショナル 仕事の流儀」石岡瑛子 - 画像1

拡大する

「プロフェッショナル 仕事の流儀」石岡瑛子 - 画像2

拡大する

さまざまな分野の第一線で活躍する、一流のプロたちの仕事ぶりを追う、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」。2月14日(月)の回では、デザイナーの石岡瑛子に密着する。

フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「ドラキュラ」で、アカデミー衣装デザイン賞を受賞。また、マイルス・デイビスのアルバムジャケットデザインではグラミー賞を受賞。そして、08年には北京五輪開会式の2万着に及ぶ衣裳を手掛けるなど、世界のエンターテインメント業界で活躍する石岡。

71歳の今も世界規模の大きな仕事が相次ぐ。これまでドキュメンタリーの取材を一切断ってきた石岡だが、今回初めて、その創作の現場を明らかにした。

石岡が、現在取り組んでいるのが、3月にオープニングを迎えるブロードウェイ・ミュージカル『スパイダーマン』のコスチュームデザイン。総制作費はブロードウェイ史上最高の6,500万ドル(約53億円)といわれ、音楽はロックバンド「U2」のボノとジ・エッジ、演出は『ライオンキング』のジュリー・テイモアという、ビッグ・プロジェクトだ。

番組では、その制作の舞台裏に、2カ月及ぶ密着取材を敢行。石岡は失敗が許されない重圧の中で、主人公スパイダーマンや、次々登場するモンスターなど、400種類に及ぶコスチュームに挑んだ。石岡が目指すのは、「誰にもまねできない、革命的な、時代を超える」デザイン。一切の妥協を許さず挑み続ける石岡の、創作にかける執念を描く。

インフォメーション

「プロフェッショナル 仕事の流儀」
時代を超えろ、革命を起こせ 〜デザイナー・石岡瑛子〜

NHK総合:2月14日(月)22:00〜22:48

*再放送
NHK総合:2月15日(火)深夜0:15〜(近畿・北海道地区は除く)
NHK衛星第2:2月21日(月)11:00〜

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2961