ナタリー・ポートマンが極限状態に陥るバレリーナ役に挑む 映画「ブラック・スワン」が5月13日公開 - 2011年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「ブラック・スワン」

拡大する

ナタリー・ポートマンが主演を務める映画「ブラック・スワン」の日本公開が5月13日(金)に決定した。

バレエの世界を舞台に、ダンサーの試練と孤独、ライバルへの嫉妬やあこがれを描き出す心理スリラーに仕上がっている本作。ポートマンが演じるのは、ニューヨークのバレエ団に所属し、元ダンサーであった母親のもと、踊ることにすべてを捧げるバレリーナのニナだ。

ある日、プリマ・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)が、新シーズンの『白鳥の湖』から降板させられることが決まり、ニナ(ポートマン)へプリマを演じるチャンスが巡ってくる。しかし、白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じなければならないこの役は、純粋なニナにとっては難役。役作りに苦しんでいるところに、さらに、黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサーのリリ(ミラ・クニス)も出現。精神的に追いつめられていくニナは、やがて自身に潜む心の闇にとらわれ、現実と悪夢のはざまをさまよい始める……。

監督を務めたのは、ミッキー・ロークを復活へと導いた「レスラー」などで注目を集めるダーレン・アロノフスキー。ポートマンは、10カ月に及ぶ過酷なトレーニングで、劇中のバレエシーンの大半を自らこなし、極限の心理状態に追い込まれたダンサーを熱演。また、撮影はニューヨーク・シティ・バレエ団などの全面強力を得て行われている。

第68回ゴールデングローブ賞でドラマ部門主演女優賞、英国アカデミー賞で主演女優賞を獲得したほか、数々の映画賞で高い評価を受け、日本時間2月28日(月)に授賞式が行われる第83回アカデミー賞では、作品賞をはじめ5部門でノミネートされている。

5月13日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー。

インフォメーション

映画「ブラック・スワン」

【スタッフ】監督=ダーレン・アロノフスキー
【キャスト】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー

5月13日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
©2010 Twentieth Century Fox

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2989