阿部サダヲ&芦田愛菜主演のファンタジックホームドラマ「マルモのおきて」 4月より放送開始 - 2011年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

阿部サダヲと人気子役の芦田愛菜が主演を務めるテレビドラマ「マモルのおきて」が、4月より全国フジテレビ系列で放送開始となる。

阿部が演じるのは、文具メーカーのお客さま相談室に所属する、高木護。彼が、亡くなってしまった親友の双子の子ども、薫(芦田)と友樹(鈴木福)を引き取るところから物語は始まる。

“独身アラフォー男”の護が、自分の子供でもない幼い双子に振り回されながらも、いつしか本当の家族になっていくというハートウォーミングな物語が展開されるのだが、このドラマにはもう一つファンタジックな仕掛けがある。

それは、人間の言葉をしゃべるという犬のムックの存在。ムックは、双子がひょんなことから拾ってきた犬で、両親を失った双子を優しく見守り、また、親代わりとなる護には、時には厳しく、時には励ましてくれるという頼もしいキャラクターだ。

阿部は「突然双子の父親! しゃべる犬! オリジナル脚本! ワクワクします。“日曜日の夜が待ち遠しいっ!”って言われるドラマになるように頑張ります! ヨロシクお願いします!」とコメントを寄せている。

放送は毎週日曜21:00から。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3023