岸田國士の短編戯曲をもとに、東京芸術大学の学生たちが映画化 「紙風船」3月26日公開 - 2011年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

岸田國士の短編戯曲を題材に、東京芸術大学の学生たちが映画を制作。3月26日(土)より、渋谷ユーロスペースにて公開される。

本作は、東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻の第5期生が、同大学院教授の黒沢清監督や北野武監督をはじめとする教授陣の指導のもとに、企画から、資金集め、キャスティング、撮影、宣伝配給など、すべての工程を実施するカリキュラムによって製作されたもの。

80年近く前に執筆された作品を、背景を現代に置き換え映画化。江ノ島を舞台に繰り広げられる淡いラブストーリー「あの星はいつ現はれるか」、世間と対峙する男2人の不運なロードムービー「命を弄ぶ男ふたり」、セレブな家族が巻き込まれる痛快コメディー「秘密の代償」、夫婦が過ごす憂鬱な日曜日の会話劇「紙風船」の4本からなるオムニバス作品で、現代にも通じる、人間同士の温かさや寂しさ、愚かさや愛しさといった、誰しもが感じる感情を描く。

出演には、大後寿々花、水橋研二、石田法嗣、高橋真唯、仲村トオル、緒川たまきと実力派の面々がそろう。

インフォメーション

「あの星はいつ現はれるか」

【スタッフ】監督=廣原暁
【キャスト】大後寿々花/森岡 龍/桝木亜子/今井隆文/光石研/富田靖子

「命を弄ぶ男ふたり」

【スタッフ】監督=眞田康平
【キャスト】水橋研二/石田法嗣/佐津川愛美

「秘密の代償」

【スタッフ】監督=吉川諒
【キャスト】高橋真唯/林剛史/清水大敬/坪田秀雄/吉行由実

「紙風船」

【スタッフ】監督=秋野翔一
【キャスト】仲村トオル/緒川たまき

3月26日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3046