城田優が連ドラ初主演「四葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋」が4月7日スタート 共演に福田沙紀、古田新太 - 2011年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

城田優が、4月7日(木)から日本テレビ系列で放送開始となるテレビドラマ「四葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋」で、連続ドラマ初主演に挑戦する。

「失恋保険」とは、意中の相手に告白して断られたり、交際中の相手から別れを告げられるなど、失恋時に掛け金の10倍の保険金で癒してくれるという設定。「一目ぼれ」や「恋愛対象が有名人」「禁断の恋愛」といった困難な恋愛事情でも問題なし。自らの恋愛に多額の現金を掛け、補償を求めたその時から現れる、自分では思いもしなかった“ウラの顔”。恋愛ドラマとともに、加入者たちの恋心の裏側に潜む闇を暴き出すミステリーが展開するという。

城田が演じるのは、失恋保険の調査員・香月歩、通称ルーク。普段は、大学で動物生態学の准教授をしているが、失恋保険加入者の恋愛心理に強い関心があり、恋愛心理テクニックを駆使し、告白をサポートする“告らせ屋”としての一面も持つ。

共演には福田沙紀と古田新太。福田演じる丸山円、通称マルは、ルークと同じ調査員だが、加入者側に肩入れしてしまうこともある正義感の強い人情派。そして、古田演じる戸倉英太郎、通称トラコは、四つ葉神社の裏家業として失恋保険の元締めを行うゲイの宮司。どんな恋愛でも成就させるよう、ルークとマルにプレッシャーをかけてくるキャラクターだ。

放送は4月7日(木)、毎週木曜23:58から放送。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3048