大倉孝二がテレビアニメ「へうげもの」に声の出演 - 2011年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

4月7日(木)より、NHK-BSプレミアムで放送開始となるテレビアニメ「へうげもの」で、大倉孝二が主人公・古田左介の声を務める。

原作は山田芳裕が講談社「週刊 モーニング」に隔号連載している同名コミック。

タイトルとなっている「へうげる(ひょうげる)」とは、「ふざける」「おどける」という意味で、主人公の古田左介(織部)は、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に使えた人物で、激しい戦乱の時代にありながら、茶の湯の世界に心を奪われた「へうげもの」の武将。

本作では、戦国時代を背景に、茶道や茶器、建築といった、美や文化に焦点を当て、「出世」と「物欲」とうい2つの欲の間で葛藤しながら、武将として天下獲りを目指す左介の生きざまが描かれる。

そのほかの出演は小山力也、江原正士、田中信夫、田中秀幸、鶴見辰吾。放送は4月7日(木)毎週木曜23:00から。再放送は毎週月曜日深夜1:00から。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3063