小日向文世主演のテレビドラマ「犬飼さんちの犬」が映画化 - 2011年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

tvkやテレ玉などで放送された、小日向文世主演のテレビドラマ「犬飼さんちの犬」が映画化される。

小日向が演じるのは、「犬飼」という名字なのに大の犬嫌いというサラリーマン・犬飼保。単身赴任で忙しい日々を送る中、念願の有給休暇を取り1年ぶりにマイホームに帰ってくると、自宅玄関で彼を出迎えたのは、あろうことか真っ白いムクムクの子犬だった! 中年サラリーマンが、家庭内での権威を守るため、かわいらしい犬と悪戦苦闘する姿を描くハートウォーミングなコメディーだ。

実際に、家では「きなこ」という名前のトイプードルを飼っているという小日向。「実は、それまであまり犬好きじゃなかったのですが、07年の映画『HERO』を撮っている時に妻から“犬買っちゃった!”ってメールが来て。最初はなかなか慣れなくてね、犬飼さんちみたいに“俺を取るか、犬を取るか”とケンカになったりして(笑)。だから、犬を飼うことにとまどう主人公の気持ちがよくわかるんです」とコメントを寄せている。

共演はちはる、徳永えり、木南晴夏、でんでん、柳憂怜、池田鉄洋、佐藤蛾次郎、佐藤二朗、清水章吾、斎藤洋介と個性豊かな面々がそろう。監督は、「ねこタクシー」や「幼獣マメシバ」を手掛けた亀井亨。

6月25日(土)からシネマスクエアとうきゅうほかにて全国公開予定。

インフォメーション

映画版「犬飼さんちの犬」

【スタッフ】監督=亀井亨
【キャスト】小日向文世/ちはる/木南晴夏/池田鉄洋/徳永えり/でんでん/佐藤二朗/清水章吾

6月25日(土)からシネマスクエアとうきゅうほかにて全国公開予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3129