第36回菊田一夫演劇賞発表 大賞は平幹二朗 - 2011年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

東宝は4日、第36回菊田一夫演劇賞を発表。大賞には俳優の平幹二朗が選ばれた。

平は、ミシマダブル『サド公爵夫人』のモントルイユ夫人、『イリアス』のプリアモス王の演技が認められての受賞となった。

演劇賞は山崎育三郎、大塚千弘、山路和弘、マキノノゾミの4名。特別賞は、20年間で600回にわたり『マイ・フェア・レディ』のヒロイン・イライザを演じた大地真央が受賞した。

授賞式は今月25日(月)に東京會舘にて行われる。

インフォメーション

第36回菊田一夫演劇賞

大賞
・平幹二朗(ミシマダブル『サド公爵夫人』のモントルイユ夫人役、『イリアス』のプリアモス王役の演技に対して)

演劇賞
・山崎育三郎(『モーツァルト!』のヴォルフガング・モーツァルト役の演技に対して)
・大塚千弘(『レベッカ』の“わたし”役、『ゾロ ザ・ミュージカル』のルイサ役の演技に対して) *4月1日より大塚ちひろから本名の大塚千弘で活動
・山路和弘(『宝塚BOYS』の池田和也役、『アンナ・カレーニナ』のニコライ・カレーニン役の演技に対して)
・マキノノゾミ(『ローマの休日』の演出・脚本の成果に対して)

特別賞
・大地真央(『マイ・フェア・レディ』のイライザ役の600回を超える舞台の成果に対して)

過去の関連記事

» 2010/4/5|第35回菊田一夫演劇賞発表 大賞は小池修一郎

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3135