小池徹平&生瀬勝久のW主演でNHK「サラリーマンNEO」が映画化 - 2011年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

NHKの人気バラエティー番組が映画化。小池徹平と生瀬勝久のW主演で「劇場版 サラリーマンNEO」が今年11月に公開される。

「サラリーマンNEO」は、04年に単発番組として放映され、06年からレギュラー番組として放送がスタート。サラリーマンの日常を題材にしたコントや、沢村一樹扮する「セクスィー部長」といったコミカルなキャラクターが好評を博し、5月からは「シーズン6」も放送開始される人気シリーズだ。07年と08年には2年連続で国際エミー賞にノミネートされている。

映画版の舞台となるのは、業界5位のビール会社「NEOビール」。新入社員・新城(小池)は、理不尽な課長・中西(生瀬)や、5年も契約が取れない川上(沢村)のいる営業一課に配属。厳しいサラリーマン生活の日々を送る中、企画会議で新城がその場しのぎに出した商品案が通ってしまい……。

映画化にあたり、ドラマ性のあるストーリーが取り入れられるが、テレビシリーズの世界観やテイストは引き継がれ、沢村をはじめとするおなじみの面々も登場するという。

映画は11月に全国公開予定。なお、映画では撮影に向けてボランティアとエキストラを募集している。詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3171