中村勘三郎が7月に舞台復帰 松本市での特別公演が決定 - 2011年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

病気療養のため活動休止している、歌舞伎俳優の中村勘三郎が、7月に長野県松本市で行われる特別公演で舞台復帰することが決定した。

公演は7月23日(土)・24日(日)の2日間、まつもと市民芸術館にて行われ、出演する演目は『身替座禅(みがわりざぜん)』を予定している。

勘三郎は、同劇場芸術監督・串田和美が演出を務める「平成中村座」を上演するなど、同市とは親交が深く、今秋の本格的な復帰を前に同劇場での短期公演を決めたという。

過去の関連記事

» 2011/4/5|中村勘三郎が10月の『鹿児島大歌舞伎』に出演
» 2011/2/2|中村勘三郎が5月ごろまで休演を延期
» 2011/1/11|中村勘三郎が過労のため舞台を降板

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3242