シネマ歌舞伎最新作は『女殺油地獄』 6月25日から全国公開 - 2011年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
シネマ歌舞伎『女殺油地獄』チラシ画像

拡大する

シネマ歌舞伎の最新作『女殺油地獄』が公開されることが決定した。

本作は、近松門左衛門が1709年に書き下ろした世話浄瑠璃で、歌舞伎としては1909年に二代目 實川延若が初演。題名に“油地獄”とある通り、油屋河内屋の息子・与兵衛が、借金に追い詰められ衝動的にお吉を殺害する場面での、油まみれになりながらの立回りが大きな見せ場だ。

片岡仁左衛門が与兵衛を務め、子・孝太郎と、孫・千之助との親子三代での共演も話題を呼んだ、歌舞伎座さよなら公演の模様が上映される。

6月25日(土)より全国公開。東京・東劇と愛知・ミッドランドスクエアシネマでは、6月18日(土)から先行公開される。

同じ記事の写真

  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』画像1サムネイル
  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』画像2
  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』3
  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』04
  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』 画像5
  • シネマ歌舞伎『女殺油地獄』画像6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3252