市川亀治郎&永作博美共演 新国立劇場『雨』公開稽古 - 2011年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
永作博美と市川亀治郎

拡大する

井上ひさし作、栗山民也演出の舞台『雨』の公開稽古が新国立劇場で行われた。東北の紅花問屋の当主になりすましている徳(市川亀治郎)の正体がばれそうになるのを、おたか(永作博美)が助けるという場面(二幕第七場「雨乞い」)を披露。東北弁のどこか懐かしい響きのせりふ、躍動感ある雨乞い踊りなど、井上戯曲ならではの楽しさがつまった場面を、魅力的なキャストが一丸となって形作っている様子がかいま見られた。主なコメントは以下の通り。

市川亀治郎
せりふの量が多い! 出ればしゃべっているので、本当に大変です。まだ暗中模索。まずはせりふを覚えようってことです(笑)。これからでしょう。しっかり作品でみせる芝居らしい芝居だと思います。歌舞伎には演出家がいないので、今回は栗山民也さんに言われたままをやれば大丈夫と、絶大な信頼を置いて楽しくやっています。

永作博美
ここまでギュッといろいろなものが詰まっていたんだと、演じてみて本当にびっくりしました。喜劇であり悲劇でもあり、ミステリーでもある。そして「生きるって、こんなに大変なんだ」ということを描いた物語でもあり。これをどうにか皆さんに堪能していただけるように仕上げたいと思っています。

この記事の写真

  • 新国立劇場『雨』公開稽古01
  • 新国立劇場『雨』公開稽古 02
  • 新国立劇場『雨』公開稽古03
  • 新国立劇場『雨』公開稽古04
  • 新国立劇場『雨』公開稽古05
  • 新国立劇場『雨』公開稽古06
  • 新国立劇場『雨』公開稽古07

インフォメーション

『雨』

【スタッフ】作=井上ひさし 演出=栗山民也
【キャスト】市川亀治郎/永作博美/梅沢昌代/たかお鷹/花王おさむ/山本龍二/山西惇/植本潤 ほか

2011年6月9日(木)〜29日(水)
・会場=新国立劇場 中劇場
・料金=全席指定S席7,350円/A席5,250円/B席3,150円 *Z席1,500円(当日販売)、当日学生割引(Z席を除き全席半額、要学生証、残席がある場合のみ)、ほか各席種の当日券(残席がある場合のみ)あり *ほか各種割引あり、詳細は問合せを
・お問い合わせ=新国立劇場 TEL.03-5351-3011

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3279