劇団四季が岩手、宮城、福島の3県でミュージカルを上演 地元の子どもたちを招待 - 2011年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

劇団四季は、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県で、7月下旬から8月下旬にかけての約1カ月間、オリジナルミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』を上演することを発表した。岩手県釜石市や宮城県南三陸町、福島県南相馬市など11都市で、約20公演を予定。地元の子どもたちを中心に約8,000人を招待するとしている。

作品は、東北の自然を背景に、同級生からのいじめに苦しむ少年ユタと、天災によって現世で生きることがかなわなかった座敷わらしとの心の交流を描いている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3293