鈴木おさむの小説をオードリー若林&田中圭主演で舞台化 『芸人交換日記』記者会見 - 2011年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
オードリー・若林(左)と田中圭の2人

拡大する

左から鈴木おさむ、オードリー若林、田中圭 『芸人交換日記』会見より

拡大する

放送作家・鈴木おさむの小説「芸人交換日記 〜イエローハーツの物語〜」が舞台化。脚本・演出も手掛ける鈴木と、出演のオードリー・若林正恭、芸人役初挑戦の俳優・田中圭が記者会見を行った。

結成11年を迎えても鳴かず飛ばずのお笑いコンビ「イエローハーツ」の2人が、本気で売れるため、お互いのことを本音で語り合おうと始めた交換日記を始めるという物語。

鈴木は2人をキャスティングした理由を聞かれ、「なかなか売れずに苦しい思いをしているというのはリアルじゃないとダメだと思い、田中役は若林君がちょうどいいと思いました。田中君が演じる甲本は、かなりろくでもない人物なので、ピッタリかなと(笑)。すごく難しい役だと思うので、なかなかできる役者さんはいないと思います」とコメント。

これを受けて2人は「人見知りで、普段暗いという部分が『ばれちゃってるんだな』と(笑)。田中君は春日(俊彰)より、ルックスが良い、口数が多い、笑いを取ることができますね」(若林)、「芸人さんの役は難しいだろうし、プレッシャーもあるんですが、おさむさんはもちろん、隣に若林さんという大先輩がいるので大丈夫だと思います。『俺面白いから付いてこい』って、ずっと言ってくれるんで」(田中)、「いやいや言ってない言ってない、やめてください。どんどん(記者の)ペンが動いてるじゃないですか」(若林)、とすでに本物のコンビのような相性の良さを見せた。

【追記:2011/6/24】

大阪公演の開催が決定。公式サイトリンクを追記。

インフォメーション

舞台『芸人交換日記』

【スタッフ】原作・脚本・演出=鈴木おさむ(「芸人交換日記 〜イエローハーツの物語〜」太田出版刊)
【キャスト】若林正恭(オードリー)/田中圭/伊勢佳世

東京公演
2011年8月5日(金)〜7日(日)
・会場=東京グローブ座
・一般前売=6月18日
・料金=全席指定S席6,000円/A席4,500円(当日500円増)
・お問い合わせ=PRAGMAX&Entertainment TEL.03-3715-5317

大阪公演
2011年8月20日(土)・21日(日)
・会場=OBP円形ホール
・一般前売=7月18日(月・祝)開始
・料金=全席指定6,300円
・お問い合わせ=キョードーインフォメーション TEL.06-7732-8888

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3320