演劇博物館にて企画展示「表象とかたち−伊藤熹朔と昭和の舞台美術−」が開催中 - 2011年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

早稲田大学演劇博物館では、19日(日)まで、企画展示「表象とかたち−伊藤熹朔と昭和の舞台美術−」が開催されている。

新劇や歌舞伎、バレエ、ミュージカル、映画など、幅広い分野で活躍した、昭和を代表する舞台美術家・伊藤熹朔。展覧会では、同館に寄贈された、舞台美術デッサン画を中心に展示。伊藤が影響を受けた明治時代の美術思潮、活躍の足跡、伊藤以後の時代の舞台美術という三部から、昭和の演劇史を俯瞰する。

また、会場では図録も販売中(500円)。詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

早稲田大学演劇博物館
企画展示
「表象とかたち−伊藤熹朔と昭和の舞台美術−」

2011年5月13日(金)〜6月19日(日)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3336