安蘭けい主演ミュージカル『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』公開舞台稽古 - 2011年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
マテ・カマラス(左)と安蘭けい

拡大する

『MITSUKO』会見より。左からジュリアン、安蘭けい、辛源

拡大する

小池修一郎脚本・演出、フランク・ワイルドホーン作曲のミュージカル『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』の公開舞台稽古が6月10日、青山劇場で行われた。

明治時代に日本人初の国際結婚をし、愛ゆえに国境を越えた光子・クーデンホーフ=カレルギー。現在のEUの楚となるパン・ヨーロッパ運動を提唱したリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの母でもある彼女の生涯を、日米強力タッグで描きあげる。

主なコメントは以下の通り。

■安蘭けい
大阪そして名古屋と公演が続き、いろいろな方に観ていただきましたが、もっともっと良いものをお見せしたいと頑張っております。母親の気持ちは体験したことがないのですが、出来のいい息子を持つと大変なんだなと思いました(笑)。辛源、ジュリアンともに舞台に立つ姿勢がすごく堂々としていて。ジュリアンはホントに初めてなの?と疑うぐらい。東京公演はさらに良い舞台をお見せできるよう頑張ります。

辛源
東京にきて追加稽古が入り、より良く仕上げるために皆で頑張りました。東京に集大成を持ってこれたらいいなと思っております。ジュリアンが入ったことで、初めて僕も客席から観れて自分を顧みることができました。先輩としてのアドバイスは「後ろを振り向かずに前に進め」ですかね(笑)。

ジュリアン
緊張はしていますが、好奇心にあふれてます。僕はNYで演技の学校に通っているのですが、これが舞台デビューというだけではなく、日本語で初めて演技をします! 同じ役ということで辛源君から立ち位置や感情などいろんなアドバイスをいただいています。NYで日本語と英語のしゃべれるアクターは僕と彼しかいないんじゃないかな。日本語がちゃんとしゃべれているか注目してください(笑)。歌も演技もNYで学んだことを皆様に披露できるよう努めます。

ミュージカル『MITSUKO〜愛は国境を越えて〜』は青山劇場にて6月29日(水)まで公演中。

この記事の写真

  • 『MITSUKO』公開舞台稽古 マテ・カマラス(左)と安蘭けい
  • 『MITSUKO』公開舞台稽古 安蘭けい(中央・左)とマテ・カマラス
  • 『MITSUKO』公開舞台稽古 ジュリアン(左)とAKANE LIV
  • 『MITSUKO』会見より。左からジュリアン、安蘭けい、辛源

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3338