「KARA」リーダーのギュリがミュージカルに初挑戦 大阪松竹座『美女はつらいの』10月公演決定 - 2011年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

韓国の人気アイドルグループ「KARA」のリーダー、パク・ギュリが、10月に大阪松竹座で上演される舞台『美女はつらいの』でミュージカルに初挑戦。Wキャストの一人として主演を務める。

作品は、鈴木由美子のコミック作品を原作とした映画「カンナさん大成功です!」をミュージカル化したもの。天才的な歌唱力を持ちながらも、肥満体形のためスターになれず、舞台裏で声をあてる“ゴーストシンガー”として働くカン・ハンビョルが、全身整形で美女に変身し、一躍トップスターになるというラブコメディーで、韓国では08年に初演されヒット作となった。

今回は、演出や音楽などをリニューアルした日本バージョンになるという。大阪公演の後、ソウルでも公演が予定されている。

【追記:2011/6/24】

相手役に「超新星」のキム・ソンジェが決定。公式サイトリンクを追加。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3343