KAAT 神奈川芸術劇場で岡田利規と写真家の石川直樹によるオープントーク「ポスト3.11の論点 ぼくらの『リアル』について考える」が開催 - 2011年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

7月2日(土)に、KAAT 神奈川芸術劇場にて「ポスト3.11の論点 ぼくらの『リアル』について考える」と題したオープントークが開催される。

3月11日の震災以降、あたりまえのように続くと思っていた「日常」が崩れさり、情報摂取、消費行動、国政関与、社会参画、環境問題など、さまざまなもの対して考え方や行動指針を再検討を迫られている我々。その再検討の必要性、“ポスト3.11の日常=リアル”とどう付き合っていくべきか、チェルフィッチュの岡田利規と、写真家の石川直樹を迎え探っていく。

司会は、ジャーナリストの岩城京子。参加費は無料。事前申し込みなどの詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

「ポスト3.11の論点 ぼくらの『リアル』について考える」

7月2日(土)19:00開始
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
・出演=岡田利規/石川直樹
・司会=岩城京子
・お問い合わせ=劇場 TEL.045-633-6500

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3373