劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『髑髏城の七人』製作発表会 - 2011年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
前列左からいのうえひでのり、早乙女太一、小栗旬、森山未來、中島かずき、後列左から高田聖子、勝地涼、小池栄子、仲里依紗

拡大する

90年の初演以来、7年ごとに繰り返し上演されている新感線の代表作の一つ『髑髏城の七人』が、小栗旬、森山未來、早乙女太一ら豪華キャストで上演される。演出のいのうえひでのり、脚本の中島かずきほか、衣裳を着込んだキャストがずらりとそろい、意気込みを語った。

いのうえひでのり(演出)
90年に初演され、97年版が今の「いのうえ歌舞伎」の原型になったと思っています。舞台でマンガみたいなことをしようということで活劇スタイルを始めたわれわれですが、年齢とともにそれも難しくなり(笑)、キャストを若くしてやることになりました。熱血アクションマンガ風の枠組みの中で、挫折した若者の再生と葛藤のドラマとして見せることができたらと思います。

中島かずき(脚本)
90年の上演では(主役の)捨之介が“スーパースター”でしたが、今回は脚本にかなり手を加えて、人間味のある血の通った男の姿となったのでは。今までで一番、人間くさい人たちの出てくるドラマです。

小栗旬 捨之介役
新感線には一度出たかったのでうれしいです。作品のファンの方の期待を裏切らない、エネルギーのあるものが作れたら。(捨之介役について)古田新太さん、市川染五郎さんが主演されたもの、どちらも観ましたが、そのイメージにとらわれず、自分なりに役作りできたらと思います。

森山未來 天魔王役
新感線は3作品目です。すてきな舞台に毎回かかわれてうれしいのですが、実は劇団員の皆さんは通風や腰痛に悩まされていたりして……。そんな先輩方に今回はちょっと退いていただき(笑)、若いメンバーで頑張ります。

早乙女太一 無界屋蘭兵衛役
『髑髏城〜』は、一番最初に観た新感線作品で、とても感動したのを覚えています。その作品に出られて光栄です。(殺陣について)新感線の殺陣は複雑で難しいのですが、頑張ります。

勝地涼 兵庫役
僕も『アオドクロ』(04年)が初めて観た新感線です。いつかこういう舞台に立ちたいと思った作品でした。新感線は3回目ですが、今回ようやく殺陣ができるのもうれしいです。

仲里依紗 沙霧役
初舞台でこんな大きい役をやらせていただけるなんて、うれしいけれど緊張します。皆さんの足を引っ張らないように頑張ります。

高田聖子 贋鉄斎役
娘、息子のようなキャストに囲まれて、お母ちゃんのようにやっていけたらとおります(笑)。初演から出演していますが、まさか今回、この役がくるとは。今まで男性がやっていた役なので、どうやろうかと思っています。

インフォメーション

劇団☆新感線 2011年夏興行
いのうえ歌舞伎『髑髏城の七人』

【スタッフ】作=中島かずき 演出=いのうえひでのり
【キャスト】小栗旬/森山未來/早乙女太一/小池栄子/勝地涼/仲里依紗/高田聖子/粟根まこと/河野まさと/千葉哲也 ほか

大阪公演
2011年8月7日(日)〜24日(水)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・チケット発売中
・料金=全席指定S席13,500円/A席10,500円/B席7,500円
・お問い合わせ=キョードーインフォメーション TEL06-7732-8888(10:00〜19:00)

東京公演
2011年9月5日(月)〜10月10日(月・祝)
・会場=青山劇場
・一般前売=7月23日(土)開始
・料金=全席指定S席12,500円/A席10,500円
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL0570-00-3337(10:00〜19:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3389