井上ひさしの自筆原稿3万枚など、遺族から仙台市へ寄贈 - 2011年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

仙台市は5日、昨年4月に亡くなった井上ひさしの自筆原稿などの資料が、ユリ夫人から寄贈されたことを発表した。

寄贈されたのは、「青葉繁れる」「吉里吉里人」「四千万歩の男」「頭痛肩こり樋口一葉」といった、代表作の小説や戯曲、筋書きなどの自筆原稿が、205点、約32,000枚、戯曲台本・執筆にあたっての参考資料が20点。今回の寄贈で自筆資料のほどんどを同市が所蔵することになった。

これらは、来年以降、仙台文学館の企画展示で公開するほか、来年山形県に開館する予定の「井上ひさし未来館」との連携事業などでも活用する方針。市長の奥山恵美子は「ぜひ、多くの皆さまに、日本の文学界・演劇界に偉大な足跡を残された井上先生の自筆の原稿などをご覧いただき、先生の筆遣いや言葉にかける情熱を感じていただければ幸いと考えております」と話している。

8日(金)には、ユリ夫人への感謝状贈呈式を仙台文学館で行う予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3400