ヨーロッパ企画制作のラジオドラマ「タクシードライバー祗園太郎」がNHKのワンセグ放送で実写化 視聴者の投票でNHKレギュラー化も - 2011年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ヨーロッパ企画・永野宗典原作のラジオドラマ「タクシードライバー祗園太郎」が実写化。ミニドラマとなってNHKワンセグ2「青山ワンセグ開発」で放送されている。

ドラマは、昨年、KBS京都で制作されたラジオドラマがオリジナル。まじめさと素朴さだけが取り柄の個人タクシードライバー・祇園太郎が、京都を舞台に繰り広げる人情ドラマだ。

今年春、世界的な観光名所からローカルなスポットまで、京都中を駆け巡るオールロケを敢行。「ペープサート」という紙に絵を描いて棒をくっ付けただけのチープな造形キャラクターと、古都の趣きある街並みが相まった独特な風合いの映像となっている。

声の出演には本多力、奥田ワレタやヨーロッパ企画の面々、さらに、ゲストとして大倉孝二、中越典子、古田新太らが登場する。

作品は、NHKワンセグ2「青山ワンセグ開発」という企画で放送中。視聴者の投票結果によってNHKでレギュラー番組化もされるそうだ。視聴方法は、ワンセグ放送だけでなく、ウェブサイトや地上波での再放送でも。スケジュールや投票などの詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

「タクシードライバー祗園太郎」

【スタッフ】監督・人形制作=角田貴志 脚本=本多力(第1話)/永野宗典(第2話・第3話)
【キャスト】本多力/角田貴志/永野宗典/山口淳太/吉田和睦/奥田ワレタ
ゲスト=大倉孝二(第1話)/中越典子(第2話)/古田新太(第3話)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3407