第23回高松宮殿下記念世界文化賞 小澤征爾、ジュディ・デンチら5名が受賞 - 2011年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

日本美術協会は11日、世界の優れた芸術家に贈られる第23回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者を発表。演劇・映像部門では“英国の人間国宝”とも称される、イギリスの女優ジュディ・デンチが選ばれた。

デビューは、57年、オールド・ヴィッグ劇場の『ハムレット』。60年の『ロミオとジュリエット』で高い評価を受け、61年から名門「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」に参加。数々の舞台作品で活躍し、ローレンス・オリヴィエ賞を7回受賞する。88年には英女王から「デイム」(男性のナイトに相当)の称号を与えられた。

60年代半ばからは、テレビドラマや映画などにも出演し、「眺めのいい部屋」(86年)などで英アカデミー賞を計6回受賞。「007 ゴールデンアイ」(95年)以降の同シリーズでは、ジェームズ・ボンドの上司M役を演じ国際的な人気を得る。「恋に落ちたシェイクスピア」(98年)では、8分間という短い出演時間ながらアカデミー賞助演女優賞に輝いた。99年には『Amy's View』でトニー賞主演女優賞を受賞している。

デンチは「54年の役者人生、どんな役も自分の芸域を広げてくれた。引退はまったく頭にない。100回は演じたクレオパトラ役をもう一回やりたい」とコメントしている。

また、音楽部門では指揮者の小澤征爾が選ばれている。

授賞式は10月19日(水)に東京・明治記念館で行われる。各部門の受賞者は以下の通り。

インフォメーション

第23回 高松宮殿下記念世界文化賞 受賞者

絵画部門
ビル・ヴィオラ(アメリカ)

彫刻部門
アニッシュ・カプーア(イギリス)

建築部門
リカルド・レゴレッタ(メキシコ)

音楽部門
小澤征爾(日本)

演劇・映像部門
ジュディ・デンチ(イギリス)

第15回 若手芸術家奨励制度

・サウスバンク・シンフォニア
・ロイヤル・コート劇場若手劇作家プログラム

過去の関連記事

» 2010/9/15|第22回高松宮殿下記念世界文化賞受賞者発表 演劇・映像部門はソフィア・ローレンに

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3411