宮本亜門が直接指導 KAAT 神奈川芸術劇場でミュージカルワークショップを開催 - 2011年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

KAAT 神奈川芸術劇場では、芸術監督の宮本亜門が直接指導にあたるミュージカルワークショップを8月に開催する。

参加者の経験は不問だが、本格的にミュージカル俳優を目指す人が対象。ワークショップは、宮本が普段、稽古場で役者たちと行っている形そのままとなっており、宮本が、今まで演出してきた数々の作品から、歌やドラマを抜き出し、作品の中でどう表現していくかを探っていくという。

また、舞台スタッフや演出、作曲、振付、脚本、音楽監督、舞台監督などを目指す人の見学も受け付ける(選考の上、若干名予定・無料)。

日程は8月25日(木)から30日(火)までの6日間連続。募集人数は20名ほど(応募多数の場合は選考あり)。参加費は15,000円。締切は8月4日(木)必着。そのほか詳細は公式サイトを参照。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3461