毒薬と禁断の恋をめぐる悲劇 ニコニコミュージカル最新作『カンタレラ』が開幕 - 2011年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
兼崎健太郎

拡大する

動画共有サイト「ニコニコ動画」が主催する、ニコニコミュージカル『カンタレラ』が、3日、全労済ホール/スペース・ゼロにて開幕した。

本作は、楽曲制作アプリケーション「ボーカロイド KAITO」を用いて、黒うさPが制作した同名楽曲を原案としたもの。中世ローマの名門ボルジア一族が、暗殺に使用したとされる毒薬「カンタレラ」をめぐる悲劇が、チェーザレとルクレツィアの兄妹の禁断の恋を絡めながら描かれる。

舞台化にあたり、原案協力として楽曲「サンドリヨン」を手掛けたorange(作詞)とDios/シグナルP(作曲)、「パラジクロロベンゼン」を手掛けたオワタPといった、同サイトの人気楽曲の制作者たちも参加。

演出を務めるのは、ミュージカル『テニスの王子様』などを手掛ける上島雪夫。キャストには、兼崎健太郎をはじめとする若手俳優たちに加え、弟の姉、少年T(Tomohisa)、koma'nといった、同サイトの人気ユーザーたちも登場する。

公演は7日(日)まで。舞台の模様は「ニコニコ生放送」にて生中継配信もされている。

兼崎健太郎(左)と弟の姉

拡大する

兼崎健太郎 チェーザレ・ボルジア役
今回演じるチェーザレ・ボルジアは、権力を欲し、欲望のためなら手段を選ばない人間。でも、実は一番愛に飢えたさびしい人間なんです。『カンタレラ』は、独特な世界観があり、個性的なキャラクターの数々が登場する本当に面白いミュージカルで、すべてが見どころです! 最後までごゆっくり浸っていただきたいです。

弟の姉 ルクレツィア・ボルジア役
このミュージカルに出演することができ、こんなうれしいことはありません。今回、ルクレツィア・ボルジアという女性を演じます。政略結婚に振り回されつつも、とても芯の強い彼女の生きざまをぜひご覧ください。女性の方には、ルクレツィアにご自分の姿を重ねて観ることもおすすめします。

少年T(Tomohisa) ホアン・ボルジア役
今回演じるホアン君はとても純粋でその素直さがあだとなり、コロっとだまされてしまうのです! そんな気持ちの見え隠れや心情を客観視できるところに、この作品の面白さがあるのではないかと思います! 僕自身のことはどうでもいいので、ホアン君のことを応援してあげてください!(笑)

koma'n カプリ役
初めての舞台でこんな大きな舞台に出れて大変光栄ですが、その分ものすごく緊張してます……。ですが、足を引っ張らないよう、精いっぱい演技するので、最後まで楽しんで観てください!

渡辺大輔(友情出演) ジョバンニ・デ・メディチ役
『カンタレラ』という作品、そして世界観を心から楽しんでいただけたら幸いです。見どころは、権力に取り付かれ、陰謀・策略・謀略の中で、渦巻く人びとの泥々な人間関係ですかね(笑)。そして、尊敬する上島雪夫先生の演出も、お楽しみください。最後にジョバンニ・デ・メディチ……ええやつです(笑)。

また、本作のノベライズ、コミカライズも決定。小説版では、ルクレツィアを主人公にミュージカルとは異なる結末が描かれるという。コミック版は、無料ウェブコミック「コミックビーズログ エアレイド」で、9月23日(金・祝)より配信予定。

インフォメーション

ニコニコミュージカル
『カンタレラ』

【スタッフ】原案=「カンタレラ」(作詞・作曲=黒うさP) 原案協力=「サンドリヨン」(作詞=orange 作曲=Dios/シグナルP)/「パラジクロロベンゼン」(作詞・作曲=オワタP) 脚本=大石薫夏/三井秀樹 演出・振付=上島雪夫
【キャスト】兼崎健太郎/弟の姉/少年T(Tomohisa)/koma'n/郷本直也/ヨウスケ・クロフォード/兼松若人/AD笠原/海斗/コンコン/水谷誠司/太田在/渡辺大輔(友情出演)

2011年8月3日(水)〜7日(日)
・会場=全労済ホール/スペース・ゼロ
・料金=リアルチケット:全席指定6,500円
*カンタレラ、サンドリヨン、パラジクロロベンゼンの原曲と歌ってみたを合わせた全6曲入りの限定特典CD付き
ネットチケット:1公演1500pt
・リアルチケットお問い合わせ=サンライズ東京 TEL.0570-00-3337(10:00〜19:00)

過去の関連記事

» 2011/6/8|“ニコニコの民”の英知を集結 ニコニコミュージカル『カンタレラ』製作発表会

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3490