東京都現代美術館「フレデリック・バック展」で人形劇俳優・平常による「木を植えた男」朗読劇を開催 - 2011年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

カナダのアニメーション作家、フレデリック・バックを紹介する東京都現代美術館の「フレデリック・バック展」で、人形劇俳優・平常(たいら・じょう)による朗読劇「木を植えた男」が開催される。

「木を植えた男」は、フランスのジャン・ジオノが執筆した小説を原作に、フレデリック・バックが、87年にアニメーション化。米アカデミー賞 短編アニメーション部門を受賞した作品だ。

平にとって同作は、子どものころに絵本を読んで感銘を受け、長年の思い入れがある作品だという。今回は、アニメーション映像とともに、高畑勲監督の監修による新字幕をベースにした朗読劇になるという。

朗読劇は、8月10日(水)と12日(金)の2日間(各日13:00/15:30開演、上演時間約60分)。受付は、東京都現代美術館インフォメーションカウンターにて。

「フレデリック・バック展」は、10月2日(土)まで開催。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3492