宮藤官九郎脚本&神木隆之介主演のホームドラマ「11人もいる!」が、テレビ朝日にて10月放送スタート - 2011年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

10月よりテレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠にて、宮藤官九郎が脚本を手掛けるテレビドラマ「11人もいる!」がスタートする。

「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」など、ヒット作を生み出してきた宮藤が、今回題材としたのは“大家族”。

「真田家」の父親・実は、カメラマンだが仕事がない。母親・恵は、カフェを開いているが客は来ない。なのに、子どもは8人。いわゆる“貧乏子だくさん”な一家だ。そして、物語の主人公は、一人まともな長男の一男。彼は、自分を犠牲にしてでも、家族のために尽くすのが長男だと思い込み、なんでも背負い込んでしまうという高校生だった。ある日、開かれた家族会議に、末っ子にだけに見える謎の11人目が現れて……。

奇想天外な家族劇とともに、さまざまなストレスを抱えた家族が一つ屋根の下へと集ったときに、思いがけず浮き彫りになる“家族の絆”を描いていくという。

大家族のために進学をあきらめ、バイトを掛け持ちし、禁欲的な生活を送るも、心の奥では、そんな境遇にいつ爆発するとも分からぬ不満を抱える……。そんな悩ましい高校生の長男・一男を演じるのは神木隆之介。そして、そんな彼を最も苦しめる楽観的なダメオヤジ・実を演じるのは田辺誠一。そのほか、光浦靖子、加藤清史郎、星野源、有村架純といった、個性豊かなキャストがそろう。

子どもが“わちゃわちゃ”いる大家族モノが大好きで、一度書いてみたいと思っていたという宮藤。「子どものころは、兄弟が多い家庭にあこがれていたけれど、大人になってみると、大家族ってただうらやましいだけじゃない、“赤ちゃんが生まれておめでとう”ってだけじゃない部分も当然分かってきて、今回のドラマでは“なんでそんなに子どもを生んだのか”といった部分まで描きたいと思っています」とコメントしている。

毎週金曜23:15より放送予定。

【追記:2011/9/29】

11人目となる、実の先妻で元ストリッパーの幽霊・メグミ役で広末涼子が出演。

インフォメーション

金曜ナイトドラマ
「11人もいる!」

【スタッフ】脚本=宮藤官九郎
【キャスト】神木隆之介/光浦靖子/加藤清史郎/星野源/有村架純/広末涼子(特別出演)/田辺誠一 ほか

テレビ朝日系列:10月より毎週金曜23:15放送開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3579