韓国ミュージカル『美女はつらいの』 講談社が国内公演差し止め請求 - 2011年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

10月から、大阪松竹座で公演を予定している、韓国ミュージカル『美女はつらいの』は、著作権を侵害しているとして、原作を出版した講談社が、14日に、東京地裁に公演中止を求める仮処分申請を行った。

本作は、鈴木由美子のコミック作品を原作とした映画「カンナさん大成功です!」をミュージカル化したもの。講談社によると、映画化については、韓国企業との契約は成立しているが、ミュージカル化は、契約がまとまらないまま08年に公演が行われた。日本公演を主催する松竹は、韓国企業から公演許諾を受けたという。

松竹は現在のところ、公演は予定通り行うとしている。

【追記:2011/9/20】

松竹は17日、今回の問題の経緯の説明や同社の見解を発表。公演は予定通り行うとコメントした。
» 松竹プレスリリース「大阪松竹座 平成23年10月公演『美女はつらいの』上演差止請求仮処分申立てについて」(PDFファイル)
» 『美女はつらいの』一連の報道について お客様へのお知らせ | 『美女はつらいの』公式サイト

【追記:2011/10/6】

東京地裁は、10月3日、著作権侵害とは認められないとして申し立てを却下。公演は予定通り行われる。
» 松竹プレスリリース「東京地裁が『美女はつらいの』上演差止請求仮処分の申立を却下」(PDFファイル)
» お客様へのお知らせ | 『美女はつらいの』公式ブログ

過去の関連記事

» 2011/6/16 | 「KARA」リーダーのギュリがミュージカルに初挑戦 大阪松竹座『美女はつらいの』10月公演決定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3601