松下由樹&木村多江が公演成功安全を祈願 『大奥 第一章 舞台版』徳川家墓所参拝 - 2011年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
木村多江(左)と松下由樹

▲木村多江(左)と松下由樹

拡大する

松下由樹(左)と木村多江

拡大する

テレビドラマで人気を博した「大奥」より、人気シリーズ「第一章」を舞台化。大奥の黎明期、三代将軍・家光の乳母・春日局と、二代将軍・秀忠の正室にして家光(幼名は竹千代)の実母であるお江与(または江)との女の戦いを描く。

ドラマ版と同じく春日局には松下由樹、お江与にはドラマでは別役を演じた木村多江が扮する。公演に先立ち、徳川家ゆかりの大本山・増上寺で、公演成功安全祈願と墓所への参拝が行われた。

松下、木村ほか関係者は安国殿での公演成功安全祈願に参列後、二代将軍・秀忠公とお江与の墓所を参拝。同所にて公演に挑む決意を語った。主なコメントは以下の通り。

松下由樹
(参拝を終えて)お力添えをいただきたい、見守っていただきたいというお願いと、私自身も100%の力で頑張ろうという思いでお墓参りをしました。(演じる)春日局は家康に見いだされ、竹千代が将軍になるまで育て上げた人。お江与にライバル意識は当然あったでしょうが、徳川のために生きた人だと思います。初座長というお話をいただいた当初は意気込みだけで肩の力が入っていましたが、本番が近付いて心の準備ができてきました。(TVで共演し)慣れているメンバーなので、みんなで力を合わせていいお芝居をできたら。観に来ていただいた方に満足していただける舞台を作るのが使命だと思っています。

木村多江
お江与という役をやらせていただきますが、本当に生きていた方なんだなとあらためて。実際にいらした方にこうして(お参りをすることで)お会いして、お力をいただいたので、謙虚な気持ちで誠実に頑張りたいと思いました。劇中で祈祷する演技があり、(住職から)祈祷と祈願は違うものだとはうかがいましたが、先ほどの祈願で感じた熱のようなものを心の中にしみ込ませていけたら。素晴らしい方がたとご一緒できるので、自分も頑張りつつ、いい舞台にできたらと思います。

*徳川家墓所は11月30日まで特別公開中(500円)

インフォメーション

『大奥 第一章 舞台版』

【スタッフ】脚本=浅野妙子 演出=林徹
【キャスト】松下由樹/木村多江/原田龍二/田中幸太朗/西原亜希/鷲尾真知子/山口香緒里/近藤正臣 ほか

東京公演
2011年10月2日(日)〜27日(木)
・会場=明治座
・料金=全席指定A席12,000円/B席5,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3666-6666

愛知公演
2011年11月4日(金)〜27(日)
・会場=中日劇場
・料金=全席指定S席13,000円/A席10,000円/B席7,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.052-263-7171

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3611