バリー・レビンソン監督の映画「ダイナー」が、シェリル・クロウによる楽曲でブロードウェイ・ミュージカルに - 2011年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画「レインマン」や「バグジー」などで知られるバリー・レビンソン監督のデビュー作「ダイナー」が、ブロードウェイでミュージカル化されることに。同作の楽曲をシェリル・クロウが手掛ける。

82年公開の同映画は、59年のアメリカ・ボルチモアのダイナーを舞台に、ミッキー・ロークやケビン・ベーコンらが演じる若者たちの青春を描いた群像劇。

ミュージカル化にあたって、レビンソン監督自らが新たに台本を執筆。クロウが作詞・作曲を手掛ける。演出・振付は、『エニシング・ゴーズ』で今年のトニー賞で振付賞を受賞したキャスリーン・マーシャルが担当する。

ミュージカル『ダイナー』は、2012年夏に地方でトライアウト(試演)を行った後、同年秋にブロードウェイ入りを予定。

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3622