首藤康之のドキュメンタリー映画「今日と明日の間で」 テーマ音楽を椎名林檎が担当 - 2011年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

来年公開される、首藤康之のドキュメンタリー映画「今日と明日の間で」。そのテーマ音楽を椎名林檎が手掛けていることが分かった。

映画は、世界で活躍するトップバレエダンサー・首藤康之を、1年以上にわたり追いかけたもの。『時の庭』『空白に落ちた男』『アポクリフ』といったステージとその舞台裏を通して、今まで多くを語ってこなかった“孤高のダンサー”の姿に迫るドキュメンタリー作品だ。

本作のテーマ音楽「Between Today and Tomorrow」は、斎藤ネコ率いる「ネコカルテット」と共に、椎名自らピアノを演奏した書き下ろしとなっている。

今回のコラボレーションは、椎名の音楽の中に流れるクラシカルな要素に魅力を感じていた首藤が、本編で初披露されるソロダンスを創作するにあたり、直感で椎名を指名したことから実現に至ったという。また、完成した音楽に感動した首藤は、椎名が付けた曲タイトル「Between Today and Tomorrow」を、そのまま映画のタイトルに起用した。

映画は、2012年1月7日(土)より東京都写真美術館ホールほかにて全国順次公開。

インフォメーション

映画「今日と明日の間で Between Today and Tomorrow」

【スタッフ】監督=小林潤子
【キャスト】首藤康之/中村恩恵/小野寺修二/斎藤友佳理/シディ・ラルビ・シェルカウイ

2012年1月7日(土)より東京都写真美術館ホールほかにて全国順次公開

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3628