三谷幸喜作・演出、本広克行映像監督『国民の映画』DVDは11月22日発売決定 三谷&本広による副音声コメンタリーも収録 - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『国民の映画』1

拡大する

『国民の映画』2

拡大する

三谷幸喜生誕50周年記念プロジェクト「三谷幸喜大感謝祭」の一つとして上演された『国民の映画』のDVDが、11月22日(火)に発売されることが決定した。

DVD化にあたり、三谷の希望から映像監督には本広克行を迎え、映像収録は、全公演終了後に、すべての美術セットをスタジオに持ち込むという異例の方法で行われた。収録は2日間にわたり、クレーンカメラやステディカムといった、通常の舞台中継ではありえない機材を使用。スタッフミーティング、稽古場、本番すべてに足を運び、台本を読み込み抜いた本広監督ならではの映像演出により、舞台中継でも映画でもない、新たなジャンルの映像に仕上がっているという。

特典映像には、ミーティングや東京公演千秋楽、スタジオ収録の映像から、個人カメラの映像まで、あらゆる素材を集めて作成した「『国民の映画』公演ドキュメント」を収録。また、本編副音声コメンタリーでは、三谷と本広が、本編を観ながら、それぞれの映画観や、映画に関するマニアックなトークを繰り広げている。

本作は、1940年代、ナチスヒトラー政権下のドイツ・ベルリンを舞台に、「プロパガンダの天才」とも呼ばれた宣伝大臣ゲッベルスや、彼にかかわる映画人たちといった、芸術と権力のはざ間で葛藤する人びとの人間ドラマが描かれる群像劇。

「第19回読売演劇大賞」中間選考では、上半期の作品賞候補に選出。そのほか、同演出家賞に三谷幸喜、男優賞に小日向文世と段田安則、女優賞にシルビア・グラブが候補に選ばれるなど、高い評価を受けている。

インフォメーション

『国民の映画』DVD

【スタッフ】作・演出=三谷幸喜 監督=本広克行
【キャスト】小日向文世/段田安則/白井晃/石田ゆり子/シルビア・グラブ/新妻聖子/今井朋彦/小林隆/平岳大/吉田羊/小林勝也/風間杜夫

・価格=6,800円(税込)
・特典映像=『国民の映画』公演ドキュメント
・本編副音声コメンタリー=三谷幸喜&本広克行
・英語字幕付き

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3639