人間国宝の歌舞伎俳優・中村芝翫さんが死去 - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

歌舞伎俳優で人間国宝の中村芝翫(なかむら・しかん 本名:中村栄次郎=なかむら・えいじろう)さんが、10日、肝不全のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。

東京生まれ。五代目中村福助の長男として生まれたが、5歳の時に父と死別。同年に、四代目児太郎を名乗り初舞台を踏んだ。40年に祖父・歌右衛門も他界した後、六代目尾上菊五郎に師事した。41年に七代目福助、67年に七代目芝翫を襲名した。

歌舞伎界を代表する女方の一人として活躍。時代物、世話物、舞踊ともに華麗で気品のある演技で人気を博し、『伽羅先代萩』の政岡、『魚屋宗五郎』の女房おはま、舞踊『娘道成寺』の清姫など、数々の当たり役を演じた。

89年に紫綬褒章を受章、日本芸術院会員に。96年には人間国宝に認定され、06年に文化功労者に選ばれた。08年からは日本俳優協会会長を務めた。

中村福助
皆さまに応援していただいて最後まで頑張ることができ、大変幸せな役者人生でした。愛していた淀君(『沓手鳥孤城落月』)が最後の舞台になって、満足していると思います。残念なことは、新しい歌舞伎座の完成と、孫の勘九郎襲名に立ち会えなかったことです。多くの孫たちに囲まれた福家族でした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3650