アミューズが韓国ベガメディアと舞台『30分の7』を共同製作 東京セレソンDX『くちづけ』韓国版として上演 - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

株式会社アミューズが、韓国のエンターテインメント企業ベガメディアと舞台公演を共同製作。舞台『30分の7(さんじゅうぶんのなな)』を、11月4日(金)から12月31日(土)にかけて、韓国・大学路のワンダースペース セモ劇場にて上演する。

本作のオリジナルは、宅間孝行が主宰する劇団「東京セレソンデラックス」が、昨年上演した舞台『くちづけ』。とある地方の保健所が運営する知的障害者たちのグループホームを舞台に繰り広げられる心温まる感動作で、今回、韓国人の演出家、脚本家、俳優による韓国版として上演される。

アミューズでは、これまでにも韓国のライブエンターテインメントビジネスに取り組んできたが、今回、日本の作品を韓国人スタッフにより、韓国で上演するのは、初のケースとなる。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3652