劇団四季『美女と野獣』特別カーテンコールで20名の“リトルプリンセス&プリンス”が登場 - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『美女と野獣』リトルプリンセス&プリンス1

拡大する

劇団四季『美女と野獣』リトルプリンセス&プリンス2

拡大する

四季劇場[夏]で、ロングラン公演中のミュージカル『美女と野獣』。16日の本編終了後のカーテンコールでは、特別ゲストとして“リトルプリンセス&プリンス”が登場した。

この企画は、本作に登場するベルのようなプリンセスに憧れる女の子と、そんな女の子を王子様のように凛々しくエスコートする男の子が、出演者と共に歌い踊るというもの。

企画に協力したのは、146通の応募の中から選ばれた、6歳から12歳の20名の子どもたち。首都圏はもちろん、福島や福井からの参加もあった。10日には、1時間に及ぶ稽古が行われ、ダンスの振り付けから、音楽に合わせての移動など覚えることも多く、子どもたちは皆、真剣に稽古に取り組んだという。

特別カーテンコールの幕が開くと、正装した男の子10名と、ベルのように華やかなドレスをまとった女の子が一人ずつ登場。会場からは「かわいい」との声が上がった。そして、最後には、俳優とともに「ビー・アワー・ゲスト」の音楽に乗せて元気なダンスを披露。かわいらしい20名の紳士淑女に、客席からは温かい拍手が贈られた。

【参加者の感想】

■小3女児(埼玉県)
福島県から埼玉県に避難してきて、楽しい思い出を作りたいと思って応募しました。『美女と野獣』はすごくきれいで楽しくて、ベルが大好きです。最初は緊張しましたが、ダンスは練習通りにできたので良かったです。

■小1男児(東京都)
野獣に憧れて応募しました。少し緊張しましたが、間違えずに踊れました。たくさんの拍手が聞こえて、気持ちよかったです。

公演は、来年1月29日(日)公演分までのチケットが発売中。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3663