堺雅人主演&内田けんじ監督 映画「鍵泥棒のメソッド」が来年秋公開に - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

08年の大泉洋主演の映画「アフタースクール」以来、3年ぶりとなる内田けんじ監督の最新作「鍵泥棒のメソッド」が来年秋に公開を予定。主演を、前作にも出演した堺雅人が務める。

主人公は、35歳にして無職、俳優を目指すも挫折し自殺を考えている男・桜井。自殺の前にと行った銭湯で、やけに羽振りのいい男・コンドウが、目の前で転倒し記憶喪失に。桜井は、出来心から持物を盗み出しコンドウになり代わるが、コンドウは、非合法な裏稼業を営む男だった……。

堺演じる、情けないけど、なんだか憎めない男・桜井のほかに、記憶を失っている時と、記憶が戻った時とまるで一人二役となるようなコンドウに、香川照之。そして、コンドウと出会い、結婚に向けて方向違いの努力をしてしまう、ちょっと変わった女性・香苗に広末涼子と、物語の軸となる個性豊かな登場人物たちを実力派俳優がそれぞれ担う。

堺は「初めて台本をいただいた時、その面白さに一気に読みふけってしまいました。僕も小さな劇団にいたことがあるので、当時のことをいろいろ思い出しながら演じたいと思います」とコメント。サスペンスフルな物語が、笑いを織り交ぜつつも展開する、内田監督ならではのコメディー作品となるようだ。

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3668