宝塚歌劇団月組トップスターの霧矢大夢が退団 - 2011年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、24日、月組トップスターの霧矢大夢が、12年4月22日(日)の東京宝塚劇場『エドワード8世―王冠を賭けた恋―』『Misty Station―霧の終着駅―』千秋楽公演をもって退団することを発表。25日に、大阪市内のホテルで会見を行った。

退団を決意したのは、半年ほど前。「トップ就任後、密度が濃く、充実した日々を送ってきました」「今の月組は組子のみんなが、力をつけてくれていますし、この安定している時だからこそ、また次のステップに進むべきではないかと考えました」と明かした。

入団してからの18年間については、「あっという間でした。2つの組(花組・月組)で、さまざまな人や作品に出会い、また、5組化や東京宝塚劇場こけら落としなど、宝塚の節目の時期も経験することができ、すべてがかけがえのないものです」と振り返った。

退団後の活動については「まったくの白紙」と答え、ファンへは「この霧矢大夢を応援し続けて良かったなと思っていただけるような、また、誇りに感じていただけるような男役として卒業していきたいと願っておりますので、これからも温かく見守っていただけたら」とメッセージを送った。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場にて12年2月3日(金)から3月5日(月)まで、東京宝塚劇場にて3月23日(金)から4月22日(日)まで。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3690