ストリート×クラシック VS ヨーロッパ・ストリートダンスの最新形 映画「ストリートダンス/TOP OF UK」が来年1月に公開 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ストリートダンスを題材とした映画「ストリートダンス/TOP OF UK」が、来年1月7日より公開となる。

アメリカで生まれ、世界中でさまざまな進化を遂げてきたストリートダンス。本作は、チーム対戦形式のダンスバトルの世界で、ヨーロッパの最新形を取り入れたイギリス発ダンス映画となっている。

ストリートダンサーのカーリーは、恋人のジェイが率いるチームのメンバーとして、UKストリートダンス選手権優勝を目指していたが、決勝進出を決めたその日に、ジェイは突然チームを離脱。さらに、稽古場を失うなどトラブルも続発し、チームは分裂の危機を迎えてしまう。そんな時、バレエ学校の講師ヘレナが、学校のスタジオを提供すると申し出るが、彼女の教え子のバレエダンサーたちをチームに入れることが条件だった……。

ぶつかり合いながらも、ストリートダンスとクラシックバレエというまったくタイプの違うスタイルを融合させた、独自のダンスに挑戦する若者たちの青春ストーリーが描かれる本作。主演を務めるのは、イギリスの若手女優ニコラ・バーリー。共演には、人気バレエダンサーのリチャード・ウィンザー(『シザーハンズ』)や、バレエ講師役としてシャーロット・ランプリングが登場する。

また、イギリスの人気公開オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で才能をいだされた、ブレイクダンサーのジョージ・サンプソンや、ダンス・パフォーマンス集団「ダイバーシティ」「フローレス」といった面々が参加。ヨーロッパ最高峰のトップ・パフォーマー総出演で魅せるダンスシーンも見どころとなっている。

映画は、12年1月7日(土)より新宿バルト9、横浜ブルク13ほかにて2週間限定ロードショー。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3708