人気ゲーム「ペルソナ4」の舞台化が決定 浅沼晋太郎(脚本・演出)&奥秀太郎(映像演出)が世界観を再現 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

人気ゲーム「ペルソナ4」の舞台化が決定。来年3月にサンシャイン劇場にて上演される。

原作は、08年にアトラスから発売された、PlayStation2用のゲーム。主人公の高校生が引っ越した先のある地方都市で、奇妙な連続殺人事件が発生。時期を同じくして、雨の夜の午前0時に、消えているテレビを一人で見ていると運命の相手が画面に映るという「マヨナカテレビ」の噂が流れて……。

心の力“ペルソナ”を召喚する能力を駆使し、仲間たちとともに事件解決を目指すというロールプレイングゲーム「ペルソナ4」は、独自のビジュアルテイストや世界観、音楽などでも人気を集め、テレビアニメ化やリメイクもさかん。多くのファンから根強い支持を得ている作品だ。

舞台版の脚本・演出を浅沼晋太郎が、映像演出を奥秀太郎がそれぞれ務め、「VISUALIVE(ビジュアライブ)」と題した、「視覚効果に特化したパフォーマンス」と「俳優の生の演技」とをスタイリッシュに融合させた演出に挑戦。作品ならでは世界観を描き出すという。音楽はデス電所の和田俊輔が手掛ける。

出演には、馬場徹、前山剛久、佃井皆美、吉木りさなど個性豊かな若手俳優たちが顔をそろえる。

なお、ゲーム版は、主人公の名前をプレイヤーが決めるというシステム。舞台版では、主人公の役名を一般募集する。役名は毎公演ごとに異なるようにするため、合計11通りの役名が採用されるという。

インフォメーション

VISUALIVE
『ペルソナ4』

【スタッフ】原作=PS2用ゲーム「ペルソナ4」(Index) 脚本・演出=浅沼晋太郎 映像演出=奥秀太郎 音楽=和田俊輔
【キャスト】馬場徹/前山剛久/佃井皆美/吉木りさ/早乙女じょうじ/太田基裕/谷口賢志/伊藤マサミ/山口勝平(声の出演) ほか

2012年3月15日(木)〜20日(火・祝)
・会場=サンシャイン劇場
・一般発売=12月24日(土)開始
・料金=全席指定7,000円/プレミアムチケット10,000円(前方センターエリア席、非売品グッズ・パンフレット付き)
・公演についてのお問い合わせ=イープラス TEL.0570-06-9939(10:00〜18:00)

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3739