『マッスルミュージカル』運営の株式会社デジタルナインが倒産 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

テレビ番組「筋肉番付」や「SASUKE」などを手掛けた制作会社「モンスター・ナイン」と、『マッスルミュージカル』を運営していた、同社の関連会社「デジタルナイン」は、11日、東京地裁に破産を申請。同日に、破産開始決定を受けた。

負債はモンスター・ナインが18億600万円、デジタルナインが17億6000万円で、2社の合計35億6600万円。

同社はテレビ・プロデューサーの樋口潮らが05年に設立。テレビ番組制作のほか、コンテンツライセンス事業やテーマパーク運営などを行なっていたが、番組制作の受注減少や、今年春に予定していた大規模なイベントが中止になったことなどにより事業を縮小していた。

関連会社のデジタルナインでは、『マッスルミュージカル』の公演を運営していたが、震災の影響で全公演が中止となったことに加え、10月以降の再開のめどが立たず事業の継続を断念した。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3741