古谷一行が『9時から5時まで』を降板 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

古谷一行が、肺悪性腫瘍の治療のため、来年3月に出演予定だったミュージカル『9時から5時まで』を降板することが分かった。

古谷は、10月に肺悪性腫瘍と診断を受けていた。東宝の発表によると、現在は切除手術を無事に終え退院。術後の経過も良好だが、大事をとって完治へ向けて治療に専念するという。

古谷は「皆さまにはご心配をお掛けし、大変申し訳ございません。ごく初期で発見することができ、おかげさまで今は以前と変わらず元気に過ごしております」と報告。「今回休演することは大変に心苦しいのですが、皆さまのご期待に心置きなくお応えするためにも、十分な時間を取り、復帰に向けて万全を期したいと思っております」とコメントしている。

代役は、石井一孝が務める。

過去の関連記事

» 2011/10/6|古谷一行がミュージカル『GOLD』を降板
» 2011/9/21|草刈民代&紫吹淳&友近主演で送るミュージカル・コメディー 『9to5 9時から5時まで』が来年3月に上演決定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3761