彩吹真央主演 アルゼンチンタンゴショー 『ロコへのバラード』が開幕 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
彩吹真央主演 『ロコへのバラード』1

拡大する

彩吹真央主演 『ロコへのバラード』2

拡大する

彩吹真央主演 『ロコへのバラード』3

拡大する

アルゼンチンタンゴの世界を軸にした、アトリエ・ダンカンプロデュース公演『ロコへのバラード』が、17日に東京グローブ座で開幕した。

これまでは“ダンスショー”が一般的だったアルゼンチンタンゴを、歌あり芝居ありのミュージカル仕立てにして送る本作。振付には、世界的に活躍するマリオ・モラーレスを迎え、音楽監督を、日本におけるバンドネオン奏者の第一人者・小松亮太が務める(ゲスト出演する日もあり)など、本格派のスタッフ陣となっている。

出演には、宝塚歌劇団退団後、初の舞台主演となる彩吹真央や石井一孝といったミュージカルを中心に活躍する俳優たちをはじめ、タンゴダンス世界選手権での優勝経験を持つCHIZUKOやバレエダンサーの西島千博など、さまざまなジャンルの実力派がそろう。

彩吹真央
タイトルにはアルゼンチンタンゴショーとついていますが、お芝居があり、音楽もあり、ミュージカルと捉えていただいていいんじゃないかなと思ってます。そういう意味では、ミュージカルに出たことがある者と、ミュージカルに初めて出演される小松さんと、バレエの世界の方、タンゴの世界の方、いろんな方々が集まってできあがった作品ですので、見どころは満載だと思います。
女優として仕事をする上で、宝塚での男役時代に培ったものがちょっと邪魔をしてしまう部分もあったんですが、男性にリードされて踊るタンゴを通じて、女性らしさの本質に触れることができました。宝塚の男役を卒業して女優になりたい人はタンゴを習ってほしいです。それくらいタンゴが好きになりました。リードされるのは最高ですね(笑)。

石井一孝
まさに満載という言葉がふさわしく、タンゴあり歌ありバレエ的なものもあり芝居もあり、いろんなことがミクスチャーされた、今までにないような作品じゃないかなという気がしています。僕は、ストーリーテラー役なのですが、20年俳優をやってきてこれまでそういう役をやったことがなく、一度やってみたいと思っていたので、とてもやる気満々です。小松さん率いるバンドが驚異的に素晴らしく、一気にタンゴファンになってしまいました。小松さんのファンにもなってしまいました。

CHIZUKO
タンゴダンスの担当というところで、頑張りますのでよろしくお願いします。

西島千博
椅子職人という珍しい役をやらせていただきます。今回は主演の彩吹さんとのラブシーンがあるので、とても緊張しています。

中河内雅貴
僕の役は、離婚歴が2度あるという設定なんですが、優しすぎて女性に逃げられた、という役どころで。宮さん演じるアメリータを愛しつつ、そういう部分が出せれば、と思っています。

宮菜穂子
優しすぎる5歳下の男と5年付き合っていながらまだ結婚に至らず、ちょっと焦れているという、たぶん自分の身近にもよくいるような33歳なんですけれども、そういうリアルな気持ちを小松さんの音楽に乗せて、みなさんにも共有していただけたらと思います。

小松亮太
今回はバンド側にもバンドネオンがいまして、僕はバンド5人の編成の音楽的なところをプロデュースさせていただいています。普段は楽器演奏のステージで、歌の人とご一緒するということは経験がありましたが、今回は初めてミュージカルの世界で生きている人たちのすごさ、恐ろしい能力を見せつけられていて、我々は、その舞台の一端を担う者として、責任を持ってやらなければいけないと思っています。
タンゴがミュージカルになったり映画になったりする場合は、今までは、タンゴのミュージシャンから見ると「ええっ!?」というものが多かったんですね。「そんなんじゃないだろ、タンゴって」と思うものが大半でしたけれども、今回のミュージカルは、かなりオーセンティックです。出てくるもの、ブエノスアイレスの人たちが探し求めてるものというか、そういうものがウソのない、本物なものになっているとリハーサルを見て思っています。

この記事の写真

  • 彩吹真央主演 『ロコへのバラード』1
  • 彩吹真央主演 『ロコへのバラード』2
  • 彩吹真央主演 『ロコへのバラード』3
  • 彩吹真央主演 『ロコへのバラード』4
  • 111122_loco_06t.jpg
  • 彩吹真央主演 『ロコへのバラード』6

インフォメーション

大阪公演
2011年12月13日(火)・14日(水)
・会場=サンケイホールブリーゼ
・料金=全席指定8,500円
・お問い合わせ=ブリーゼチケットセンター TEL.06-6341-8888

石川公演
2011年12月15日(木)
・会場=北國新聞赤羽ホール
・料金=全席指定S席7,500円/A席6,500円
・お問い合わせ=北國芸術振興財団 TEL.076-260-3555

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3762