落語家の立川談志さんが死去 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

落語家の立川談志(たてかわ・だんし 本名:松岡克由=まつおか・かつよし)さんが、21日、喉頭がんのため都内の病院で死去した。75歳だった。

東京都出身。52年に五代目柳家小さんに入門。小ゑんを名乗った二つ目時代から頭角をあらわす。63年には真打ちに昇進して五代目立川談志を襲名。先代三遊亭円楽、古今亭志ん朝、先代春風亭柳朝とともに「四天王」と称される本格派の落語家として活躍する。また、66年に始まった「笑点」で初代司会者を務めるほか、切れ味のするどい毒舌でお茶の間の人気者としても親しまれた。

71年には参議院議員に当選、自民党に入党。75年には7沖縄開発庁政務次官に就任したが約1カ月で辞任した。

83年には真打ち昇進制度をめぐり、師匠の小さんが会長だった落語協会を脱退。その後、自らを家元と名乗り「立川流」を創設。志の輔、志らく、談春など、現在も第一線で活躍する数多くの落語家たちを育成した。

晩年は、食道がんや糖尿病など闘病が続き、09年には喉頭がんと診断を受けるが、声帯の摘出手術はせず高座に上がり続けた。

また、多くの落語家たちや落語ファンに大きな影響を与えた「現代落語論」など、数々の著作やCDを発表し落語の普及に尽力した。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3763