シルベスター・スタローンが映画「ロッキー」を自らミュージカル化 - 2011年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

シルベスター・スタローンが、自身の代表作であるボクシング映画「ロッキー」のミュージカル版をプロデュースする。

映画は、スタローンによる脚本・主演で76年に公開。世界的な大ヒットを飛ばし、アカデミー賞では、作品賞・監督賞・編集賞を受賞。スタローンの出世作として知られる。ミュージカル版は、エイドリアンとのラブストーリーに焦点が当てられるようだ。

脚本はトーマス・ミーハンが、演出はアレックス・ティンバーズが手掛ける。音楽をリン・アーレンズとスティーブン・フラハーティが担当し、「Gonna Fly Now」や「Eye of the Tiger」など、映画でおなじみの楽曲も使用されるという。また、製作には、世界ヘビー級王者のウラジミール&ビタリ・クリチコが携わり、彼らは主演俳優(現時点では未定)のトレーニング指導も行うという。

公演は、12年11月にドイツにて初演予定。その後、ワールドツアーも計画されている。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3764