戦国×忍者×手妻×LOVE=!? 脚本・蒔田光治×演出・河原雅彦×主演・筧利夫『飛び加藤』(仮題)来年6月シアタークリエで上演 - 2011年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

人気テレビドラマ「TRICK」などを手掛ける蒔田光治が脚本書き下ろし、河原雅彦が演出を務め、筧利夫が主演を務めるという異色の顔合わせによる舞台『飛び加藤』(仮題)が、来年6月にシアタークリエにて上演される。

タイトルにある“飛び加藤”とは、飛び抜けた技術を持っていたことから“飛び(鳶)加藤”と称された、戦国時代の忍者・加藤段蔵のこと。日本で古来より受け継がれてきた奇術・手品で、忍術にも利用されていたと言われる「手妻」を題材とした作品になるようだ。この3人が、どんな舞台に仕上げるのか、気になる人は今後の情報をチェックしてみよう。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3789